家

こだわりのあるデザインで家を建てよう|後悔しない住宅づくり

住宅建築は予算が重要

	インテリア

コストの高い住宅

注文住宅により一戸建ての住宅を建築する場合、費用的には高くなります。建売住宅と違って、注文住宅では一つ一つの住宅がすべて異なりますから、数によるコストパフォーマンスを図ることができません。設計に要する費用がかかることはもちろんですが、部材についてもオーダーメイドになるため費用がかかってしまいます。そのため、注文住宅の建築にあたっては、費用をかける部分についてメリハリを付けることが大切になります。予算的に制限がないのであればいいのですが、限られた予算の中で建築するのであれば、材質にこだわったり、広さにこだわったり、自分のこだわりの部分を明確にして、ハウスメーカーに対して注文住宅の建築を依頼する必要があります。

予算の範囲内で設計

注文住宅と言っても、ほとんどのハウスメーカーでは、一つ一つの建築単価の積み上げではなく、大まかな坪単価によって建築費用が決まってきます。それに加えて、柱の材質や外壁の材質をグレードアップしたり、キッチンや浴室などの設備をグレードアップしたりすることで総額が膨らんでいきます。そのため、予算に合わせた設計を考える場合には、できるだけ予算を落とした状態で検討していくことが大切です。その上で、様々なグレードアップによって総額が増えていくのです。一度見積額を出した後に、建築費用を減らしていく作業は簡単ではありません。ハウスメーカーに設計を依頼する場合には、あらかじめ大まかな予算額を伝え、その範囲で設計をしてもらうことが重要です。