家

こだわりのあるデザインで家を建てよう|後悔しない住宅づくり

老後を過ごしやすくする

住宅

車いすが通れるように

神奈川県で自分達が高齢者になったときのことを考えて注文住宅を建てるときに大切なことは、生活のなかの基本的な動きが簡単にできるような家にすることです。20年から30年先には今簡単にできていることができなくなる可能性が、あります。例えば足腰が弱くなって階段を登ることが難しくなったり、怪我などで車いすを使用することになったりしてドアや段差などが大きい障害物になってきます。そのためにも注文住宅の設計のさいは車いすが通ることを想定してバリアフリー化することが重要です。各部屋は車いすが通れるようにしてドアなどは横開きの軽い扉にすることや、段差をなくしたり出入りのしやすい玄関にしたりします。神奈川県などでも、これらをすることで将来体が弱ったときの不安が少なくなります。

転倒しないようにすること

神奈川県などで老後のことを考えて注文住宅を建てるとき日常の生活のしやすさを考えること以外に、事故などを引き起こさないような家にすることも大切です。例えば階段やトイレ、浴室、廊下など滑りやすいところに手すりをつけて転倒しないようにすることです。浴室やキッチン、洗面所などの収納場所は脚立などを使わないで済むように低い位置に設計することがよいです。また浴槽は大きくまたいで転倒しないように低い位置に設置するものにします。扉なども割れないようにアクリルガラスにします。そしてヒートショックを防ぐため各部屋から廊下など全体的に家の温度差を少なくすることも大切です。神奈川県などでも、これらに気をつけて注文住宅を建てることで安心して生活をおくることができます。